ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
クワガタ飼育全般 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
移動します 
2010.03.29.Mon / 20:23 
ブログを別のページに移動します。

Breeding and Observation

深い意味はありません。
今後は少しまじめに更新していこうと思います。
宜しくお願い致しますm(__)m
スポンサーサイト
謹賀新年 
2009.01.01.Thu / 18:03 
明けましておめでとう御座います。
昨年は特に目標も無くだらだら飼育・採集続けておりましたが、
今年は何か明確な目標を・・・・・などと思うものの
そんな事考えるとかえって面倒で足枷になるので例年通りゆる~~く続けて行こうと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。

無題 
2008.06.13.Fri / 13:59 
このところ暑かったり寒かったりしてるので、
体調管理が大変ですね~
夏風邪はなかなか治らないし・・・

そんなこんなで今日はバルバロッサミヤマの写真です。


バルバロッサミヤマ44 バルバロッサミヤマ44-

バルバロッサミヤマクワガタ
Lucanus barbarossa Fabricius,1801
スペイン王国 F2

サイズは44ミリ程度、小さくは無いけど特大と言う訳でもないです。
イベリア半島と北アフリカ(モロッコ・アルジェリア等)に棲息するミヤマクワガタで、
見た感じヨ-ロッパミヤマの系統とはちょっと違う雰囲気ですね、
タランドゥスとかレギウス(私は飼育した事無いけど)みたいに体がテカテカしてます。
これもあまりカッコ良くないけど大好きなミヤマです。

飼育は採卵も幼虫飼育も特に問題なく出来るんだけど、
我家では大量採卵に成功した事は無く、若干苦手意識が有ります。
幼虫は通常のマット飼育でOKですが、
小型のわりに幼虫期間が長く、成虫になるまでだいたい丸2年、
3年かかるのも結構出てきます。
無題 
2008.06.11.Wed / 17:52 
今年もいよいよ本格的な採集シ-ズンです、
私も地元で月曜日、ようやく今年の初ノコギリを確認しました(^.^)

「採集シ-ズン~初ノコギリ」の前振りとは何の関係もありませんが今日も写真載せときます。
本日の写真はテトラオドンミヤマ他です。
テトラオドンミヤマは主にヨ-ロッパの南部からアフリカの地中海沿岸に棲息する
あまり大きくならないミヤマで幾つかの亜種に分かれています。

我家には南フランス亜種とシチリア島亜種(イタリア半島南部の個体群と纏めて同一亜種との説も有ります)
がいるので一緒に載せておきます。

最初に南フランス亜種


テトラオドン南仏43 テトラオドン南仏43-

テトラオドンミヤマクワガタ 南フランス亜種
Lucanus tetraodon provincialis Colas, 1949
フランス共和国南部 F3

お世辞にもカッコイイミヤマではありませんが、私は何故かこのクワガタが大好きなんです。
写真のサイズは43mm程度
飼育で50mmオ-バ-とか出たら嬉しいだろうなぁ・・


次がシチリア島亜種


テトラオドンシチリア45 テトラオドンシチリア45- テトラオドンシチリア45--

テトラオドンミヤマクワガタ シチリア島亜種
Lucanus tetraodon sicilianus Planet, 1899
イタリア共和国/シチリア島 F2

♂サイズは46mmぐらい。
「BE-KUWA11号・ミヤマ特集」だとイタリア半島南部の個体群と纏めて
亜種:serraticornis とされていますが、
2007年の「くわがた狂の大馬鹿者達! テトラオドンミヤマ 4産地」には、
BE-KUWAに載っている標本写真と実際のシチリア産では形態が違うので、
シチリア産は別亜種だろうみたいな事が書いてあります。
私は不勉強なので分類の事とか分からないんですけど、
確かにこの写真の個体と図鑑のBE-KUWAの標本の個体を見比べるとかなり違うように感じます。
こういうのは専門家じゃないし感覚で判断しちゃえばいいような気がするので、
「クワ馬鹿」に倣ってシチリア島亜種という事にします・・・^_^;


肝心な飼育ですが、南フランス亜種の方は採卵から羽化までヨ-ロッパミヤマと特に変わらず・・
ミヤマの中では飼育し易い部類だと思います。
シチリア産は幼虫購入なので採卵は分かりませんが、南フランス産と変わらないと思います。

テトラオドンを載せたついでに昨年購入して飼育していた
ヨ-ロッパミヤマ・ファビア-ニ型の写真も載せておきます。

ファビア-ニミヤマ ファビア-ニミヤマ->

ヨ-ロッパミヤマクワガタ ファビアーニ型
Lucanus cervus cervus f. fabianii
フランス共和国/リヨン近郊 WD

オスのサイズは43mm、昨年採卵し現在は無事に幼虫が育っています。
此方も現在はヨ-ロッパミヤマの型の一つとされていますが、
どうもパッと見それ以上に違う感じがします・・・
触覚5節の個体が多いみたいですが、4節とか6節もいるみたい。
画像の♀は6節目が少し出てるように見えなくも無いです(5.5節?)
一時思った以上に幼虫が成長していた為、こりゃ羽化したら普通のになっちゃうのかなぁ
と思いましたが、この所だいぶ縮んで来たので一安心???




無題 
2008.05.27.Tue / 12:54 
今日の写真はフランス・パリ産のヨ-ロッパミヤマ・・・
サイズは66mm程度、

此方のパリ産は他の産地と全く形状など変わらないんですけど、
兎に角大きくなりません^_^;
大きくならないのが特徴みたいです・・・
なにしろ2年1化でこのサイズですから^_^;

なんだかヨ-ロッパミヤマの紹介ブログみたいになってますな^_^;

パリミヤマ662 パリミヤマ66

プロフィール

  kapi

  • Author:  kapi
  • クワガタ飼育について淡々と綴って行く予定、写真はカピバラ(無関係だけど)

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム


CopyRight 2006 Breeding Memo All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。