ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2005年01月の記事一覧
≪12month
This 2005.01 Month All
02month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと・・・ 
2005.01.31.Mon / 20:58 
井川の残留が決まったようだ。
残ると決めたからには頑張って25勝ぐらいして頂きたい。
来オフにどうせまた揉めるんだろうと思うと腹立たしいけど、
きっとシ-ズン始まったら応援しちゃうんだろうな・・^_^;
スポンサーサイト
ヒメミヤマ 
2005.01.30.Sun / 21:06 
9ヶ月前に400ccブロ-容器に入れたままだったヒメミヤマ幼虫の餌を交換した。
幼虫の体重は一番軽いもので5g、重いもので8gほどだった。
初っ端にばたばた死んでいったヒメミヤマだが、その後は頗る順調に成長してくれている。
ただ、以前幼虫を飼育した時はメスが1頭だけ羽化しただけで、しかもその羽化したメスも1週間後に死亡してしまったので全く油断できない。
幼虫はまだまだ羽化まで時間がかかりそうな色合いだった。
前回飼育のときは♀1頭羽化するのに丸二年かかったのを思い出す。
来年の秋には羽化してくれるんだろうか・・やっぱり♂は3年かかるのかな??
良く分からないがともかく全員揃って元気にカッコ良く羽化して欲しい(^^)
筋肉痛・・・ 
2005.01.30.Sun / 20:54 
20050130203759.jpg

久し振りに高山種狙いの採集に行った。
雪山に登るから暖かい恰好を・・・と言われたので自分なりに暖かい恰好をしたのだが全然甘かった・・・
やはり上はともかく下がジ-ンズというのは最初から負けたも同然。
あれだけ積もっていると長靴もあまり意味ないし^^;
結果は当然ボ-ズ(私の成果は)、おまけに体力不足を露呈しご一緒させて頂いたあ~さんには大変な迷惑をおかけしてしまった・・・
昨日は雪と自分の体力との勝負だったけど、今日は筋肉痛との勝負だ^^;














あ~さんは果敢にも雪中に突入・・私はヘタレなので一般の登山道へ^^;

また決裂? 
2005.01.26.Wed / 20:51 
しっかし井川君・・・一体どうなってるんでしょ??
それにしてももうすぐキャンプだってのに、いい加減諦めてチ-ムの為に頑張るとか言えばいいのになぁ・・・
これじゃあホントのホントに嫌われるよ、ファンにもチ-ムメイトにも^^;
ビジグナトゥスコクワ飼育日記① 
2005.01.26.Wed / 20:28 
20050126201757.jpg

20050126201735.jpg
ビジグナトゥスコクワの飼育日記を試験的にこちらで書く事にした。
飼育に使うペアは以前羽化した虫に載せた虫の兄弟だ、
産卵セットは小ケ-スに下3cmほどミヤマ用のマットを詰め、その上に柔らか目の細いコナラを転がして半埋めにした。
水分は材・マット共に若干多め、、、
このセットは以前モチヅキ・メリアヌス・ベルニカトゥスコクワで試してそこそこ良い結果を得ているので、今回も上手く行ってくれると思うのだが・・・

今日も・・・ 
2005.01.25.Tue / 19:17 
昨日も今日も数頭ずつ餌がえを行っているが、
残念な事にプロスミヤマの幼虫が1頭死んでいた。
これで我が家のプロスは残り1頭のみになった(T_T)
残った方は順調に成長しているようだ。
それからフォーチュンミヤマの様子も見たのだが、
いまだにごく小さい初齢幼虫のままだった。なんだか良くない気がする^_^;

ミヤマ以外ではキンオニクワガタの様子も見たのだが、無添加のマットに入れたものよりも普通の添加剤入り発酵マットに入れた幼虫の方が圧倒的に生存率が良い、
成長も添加剤入りの方が良いし、残った幼虫は全部添加発酵マットに入れよう・・・
考えてみれば去年飼育した時も添加発酵マットに入れたんだった。


▽Open more.
無題 
2005.01.23.Sun / 20:30 
今日もPカップの幼虫達を大きい容器に移し替えようと思ったのだが溜まった仕事に追われ出来たのはアマミミヤマの幼虫2頭のみだった(T_T)
幼虫は2齢後期と思われる大きさにまで育っていた。
早いところ残りの幼虫も入れ替えてあげたい。

どうでもいい事だけど階段を降りた時に足を滑らせてしまい、階段から転がり落ちこそしなかったが尻餅をついた拍子に階段横に置いてあったオオクワとヒラタの産卵ケ-スを割ってしまった。
尻と手がとっても痛かったし余計な作業が増えてとっても腹立たしかった^^;
フタマタ2種の餌交換 
2005.01.22.Sat / 14:57 
2種類のフタマタクワガタ(マンディブラリス・フォルスタ-)の餌交換を行った。
マンディブラリスは知人のところで菌糸にいれて良い結果を得ているとの事だったので、2頭を菌糸に・・残りは発酵マットへ・・・
フォルスタ-は以前飼育した時発酵マットでぼちぼち大きくなったので今回も全て発酵マットに投入した。
どちらも大きくカッコ良く育って欲しい(^^)
▽Open more.
飼育部屋の温度 
2005.01.19.Wed / 19:47 
新しい飼育部屋に来て初めて冬を迎えたが温度が上がらずに困っていた。
ひどい時で棚の下の方の気温4℃・・・室内なのに・・^_^;
ただ上の方は常に暖かくて20℃以上あった。
勿論原因はエアコンの吹き出し口が上を向いてるからなんだけど、
原因がわかっててもなかなか対処しないのはやっぱり性格なんだろう。
そりゃ簡単に吹き出し口を下に向けられればとっくにやっているんだけど、出来ない事情があったのだ。
ところが今日あることをきっかけにその事情自体をどうにかしないとならなくなり、
おかげで吹き出し口も下に向ける事ができた。
効果は覿面で一番下の方でも12℃ぐらいまでに上がった。
たったあれだけでこんなに効果あるのならとっととやっときゃ良かった^_^;
無理! 
2005.01.18.Tue / 13:02 
昨日機会があって今現在飼育している種類を数えてみた・・・
そしたらあの狭い飼育スペ-スになんと84種類ものクワガタが居る事が分かった(@_@)
もちろん♂1頭のみ、♀1頭のみ、幼虫1~2頭のみなんてのもいるんだけど、
それにしたって単純に1種類平均5頭ずつ飼育してたとしても400頭以上、産地ごとに集めた虫なんかもいるし、5頭平均というのもありえないから実際にはもっと多いと思う・・・
ど~りで全然飼育が追いつかないわけだ^^;
私なんかより沢山飼育している人は大勢いるだろうけど、私にはこれだけの数を維持していくのは経済的にも精神的にも体力的にもスペ-スの面でも全然無理っ!
本気で順次減らして行こうと思う。今回は本気だ^^;

今後はミヤマ・中~小型ドルクス・国産離島ノコギリ以外は積極的には手を出さないようにする。これがクワガタ飼育の今年の目標...!

ようやく・・・ 
2005.01.17.Mon / 20:33 
新しい餌が到着したので、少しまとまった数の幼虫をプリンカップから移し替えられそうだ。
アマミミヤマ・メアレ-ミヤマ・マンディブラリスフタマタあたりはかなり幼虫がでかくなってきてるのでホッとした。
ただ、面倒臭がりなので結局1日4頭程度の交換しかしないだろうけど・・・^^;

土曜・日曜はそれぞれ採集・飼育で大変お世話になっている方々とお会いできた。
この方々とお会いする時はとても緊張するが、いつも為になるお話を聞かせて頂けるのでとっても楽しい(^^)
24 TWENTY FOUR  
2005.01.17.Mon / 16:24 
24 TWENTY FOURというDVDを借りてみたのだが、思っていたよりも面白かった。
巷では2年以上前から話題になっていたようだが、私は全く知らなかった・・・
年をとるとこうやって世間の流れから取り残されてしまうのだろうか・・
嫌だ嫌だ^^;

それにしても早く先が見たくて仕方が無い。
嵌ると言うよりも時間がリアルタイムで進んでいくので見続けないと気がすまない。
出来ることなら24時間ぶっ通しで見たいぐらいだ。
製作者の思惑通りになっているようで少し腹立たしいんだけどもうどうしようもない^^;
ルニフェルミヤマ・メスも羽化 
2005.01.11.Tue / 12:13 
先日ルニフェルオスの羽化写真を載せたが、今日見たらメスも羽化していたので写真を載せておくことにした。
我が家のルニフェルはオスばかりでメスが1頭しかいなかったので、逆にオスが殆どおらずメスばかりだった知人と蛹同士を交換した。
こちらも頂いた段階で蛹室が壊れていたので人工蛹室を使ったが、特に問題無く羽化した。
サイズは40mm前後ぐらいだろうか?
取り敢えずこれで1♂2♀は確保出来たので何とか次の世代(F3)の累代に挑戦できる(^^)
20050111120446s.jpg

井川 
2005.01.10.Mon / 13:05 
井川のHPが更新されたのを読んだけどほんとにムカつく!
この人一体何考えてるのかわかんない^^;
一番ムカつくのは仮に来年残ったとしても、どうしても彼を応援する気になれないのに、もしも自分が見に行った試合とかで彼が投げてたら勝つ為には応援しなくちゃならないところだ・・・
それを考えたらMLBでもドミニカンリ-グでも好きな所に行ってもらったほうがよっぽどすっきりする。
早くこの問題終わらせて欲しい。
虫の事じゃなくて申し訳ないけど、たまには虫以外のことも書くことにした。
ルニフェルミヤマ・オスが羽化 
2005.01.09.Sun / 20:31 
20050109134245.jpg

以前に蛹室を破壊してしまった為人工蛹室に移しておいたルニフェルミヤマのオスが無事に羽化していた。
サイズは68~70mmぐらいでそれほど大きくは無いが、最後に計測した時の幼虫の体重は10gだったので、予想してたより随分大きくなってくれた(^^)
近い種類と思われるチベットミヤマ(ベトナム亜種)は12gあったのに62mm程度にしかならなかったことを思えば随分効率がいい。
ただこちらも羽化までに1年ちょっとしかかからなかったからか、以前飼育して2年かかった虫と比べて顎が細いような気がする。
このブログというのは・・ 
2005.01.08.Sat / 14:45 
ほんとに使い勝手がいい、カテゴリ-を追加すれば今までHPでやってた「羽化した虫」も「増えた虫」も「種別日誌」もこのブログってやつ一つでまかなえるようだ・・・
うちのようにコンテンツの無いHPはこれだけでやっていってもいいのかもしれないなぁ^^;
日記を替えたはいいけど・・ 
2005.01.07.Fri / 20:28 
この時期はクワガタ飼育には非常に退屈な時期で特に書く事もない^^;
プリンカップに入れたままの幼虫を大きい容器に入れ替えたりはしているが、そんな事ぐらいでいちいち更新するのも面倒だし・・・

折角なので前に「羽化した虫」のイズミヤマの所で載せた7月採集の茨城産ミヤマが無事に年を越したので画像を載せておこう。。
流石にもうかなり弱々しくなってきていて、右後脚が無くなり右側の触覚も麻痺してきているが、一応触ると威嚇して来たりするし餌も食べている。
3月ぐらいまで生きて欲しかったが流石に頑張り過ぎぐらい頑張ったからもう駄目かな??
でも一昨年購入したWDヒメミヤマが翌年の6月中旬まで生きていたこともあったからこいつにももっと頑張ってもらおう!

20050107200517s.jpg

あけましておめでとうございます 
2005.01.01.Sat / 15:49 
年も明けましたので、飼育日記を最近はやりのブログ形式に変更する事にしました。
過去の日記は横にあるLINKのところに移動しました。
日記を代えても内容は特に変わらず、クワガタの飼育記録を淡々と書いていくだけなのですが・・・

それでは今年もどうかよろしくお願い致しますm(__)m
| BLOG TOP |

プロフィール

  kapi

  • Author:  kapi
  • クワガタ飼育について淡々と綴って行く予定、写真はカピバラ(無関係だけど)

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム


CopyRight 2006 Breeding Memo All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。