ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2007年07月の記事一覧
≪06month
This 2007.07 Month All
08month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無題 
2007.07.24.Tue / 15:10 
ついこの間セットを組んだクチノエラブノコのケ-スにて
卵を確認した。相変わらずノコギリはすぐに、
そしてケ-スの見えやすい所に産んでくれるので
なんと言うか飼育のしがいがある。

産卵セット
前回写真を載せたハヤシミヤマの産卵セットを組んだ
それから東インド産のルニフェルミヤマ(フランシス)のセットも組んだ。
どちらも適度に沢山産んで欲しい。
スポンサーサイト
* テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
ミヤマの自己採集ギネス更新\(^o^)/ 
2007.07.21.Sat / 14:11 
もう結構前の事になるが、7月11日に虫捕りに出掛け、
自己最高だった69mmを4mm超える73mmのミヤマを捕まえた。

20070721135743.jpg街灯の下にひっくり返ってた

20070721135801.jpg同じ日に見つけた40mm代後半のオスと並べて。。

同日はメスも今までの自己最高39mmを大きく上回る43mmを捕まえる事が出来た。
久し振りに虫捕りで嬉しい思いが出来た(^^)

20070721135810.jpg 20070721135818.jpg
大きいペアのみ持ち帰ってきたので家でちょっとした記念撮影^_^

* テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
無題 
2007.07.21.Sat / 13:35 
久々ノコギリの産卵セット
この所ずっとミヤマの産卵セットばかり組んでいたが、
今日は久し振りにノコギリの産卵セットを組んだ。
組んだのは口之島産トカラノコギリとクチノエラブノコギリ、
でもセット方法がノコギリとミヤマってあんまり違わないんで
新鮮味はない^_^;

写真はクチノエラブノコギリクワガタ
Prosopocoilus inclinatus kuchinoerabuensis Shimizu et Murayama 1998
鹿児島県/口永良部島 向江浜林道  WF1

一昨年の秋に初齢幼虫を購入し、昨年羽化した個体でサイズは50mm代前半・・
本土のノコギリと比べると、光沢があり大顎の湾曲が弱く細い、体型も細く頭幅も狭い他、前・中脛節の刺や符節の細さなんかが違うんだそうだ。
う~ん、でももし本土の混ざったら選り分けるの大変そう^_^;





ハヤシミヤマ
久し振りにハヤシミヤマクワガタを購入したので写真を撮った。
相変わらず面白い容姿をしてる(^.^)
飼育は割とし易い部類で、うちにも一昨年の幼虫がいる。今年も沢山産んで欲しい。

Lucanus hayashii Nagai,2000
ミャンマ-連邦/カチン州産  WD
オスのサイズは66mm程

20070721133222.jpg 20070721133234.jpg


20070721133241.jpg 20070721133259.jpg 20070721133249.jpg

* テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
無題 
2007.07.15.Sun / 21:01 
産卵セット
6月終わりに捕まえてきた埼玉産のミヤマとナンサ-ミヤマ・チベットミヤマ(ミャンマ-亜種)の産卵セットを組んだ。
どのミヤマも沢山産んで欲しい(^^)
下にナンサ-とチベットミヤマの写真を載せときます。


まずはナンサ-ミヤマクワガタ(Lucanus nangsarae Nagai,2000)
ミャンマ-連邦/カチン

タイやベトナムなんかに棲息しているセリケウスミヤマと非常に良く似ていて
私には明確に違いが判らないが、大顎の内歯のつき方がセリケウスとは若干違うらしい。
飼育は私にはあまり相性が良くなくて、
昨年飼育時は極僅かな幼虫が採れただけだった。

20070715203650.jpg 20070715203705.jpg
20070715203714.jpg 20070715203737.jpg



次がチベットミヤマクワガタ(ミャンマ-亜種)
Lucanus tibetanus isakii Nagai,2000

ミャンマ-のカチンなんかに棲息するチベットミヤマの亜種で、
ベトナムの亜種とは頭楯の開きなんかが違うらしい。
他にも色々違うんだろうけど、正直私には良く分からない^_^;
原名亜種は中国の雲南省なんかにいるらしいんだけど、
今の所生体では私の知ってる範囲では日本に入ってきた事はないみたい。

飼育は私には難しい部類で、昨年はセットを組むのに間が開きすぎてしまい失敗・・
一昨年は卵をまずまず回収したものの、1つも孵化しなかった(T_T)

20070715203745.jpg 20070715203751.jpg

20070715203759.jpg 20070715203821.jpg

* テーマ:クワガタムシ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
無題 
2007.07.10.Tue / 21:07 
産卵セット
暫く此方のMEMOもクワガタの世話も滞っていたが
今日は気合を入れなおして産卵セットを数個組んだ
組んだのは、南仏産テトラオドンミヤマ・チン産ルニフェルミヤマ・サガイン産ルニフェルミヤマ・ネパ-ル産ルニフェルミヤマ・フライミヤマの5つ

サガイン産のルニフェルミヤマは野外産で
購入時は原名亜種(ssp. lunifer)との事だったのだが
実際に現物を見ると、特にメスは私には(ssp. franciscae
と変わらないように見える。
私のような素人には分からないだけなのかもしれないが・・・
オスは確かにチン州や東インドの個体とはチョット違う感じがする。

20070710205959.jpg 20070710210005.jpg 20070710205952.jpg
20070710210020.jpg 20070710210012.jpg 20070710210115.jpg

その他、今シ-ズン一番最初にセットを組んだ神津島産ミクラミヤマの産卵ケ-スにて
幼虫数頭を確認、まずはほっとした。
* テーマ:クワガタムシ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
無題 
2007.07.01.Sun / 21:06 
フライミヤマ(Lucanus fryi Boileau,1911)
ミャンマ-/サガイン産  WD

を購入したので写真を撮った。
サイズは小さく♂で57mm程・・・
この種類も毎年の様に購入しており、
我家では毎回幼虫は採れてはいるけど、決して沢山採れると言う事は無かった
やはり難しい種類なんだろう。

今回のは何時ものタイ産ではなくミャンマ-産、
産地が違えば採卵も少しは容易になるかな・・・
って、そりゃ無いか^_^;

20070701204727.jpg 20070701204736.jpg 20070701204744.jpg

20070701204756.jpg 20070701204805.jpg

今週は木曜の夜に今シ-ズンの初アカアシを確認、
土曜日は同じくヒラタを確認した。
* テーマ:クワガタムシ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
| BLOG TOP |

プロフィール

  kapi

  • Author:  kapi
  • クワガタ飼育について淡々と綴って行く予定、写真はカピバラ(無関係だけど)

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム


CopyRight 2006 Breeding Memo All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。