ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2008年02月の記事一覧
≪01month
This 2008.02 Month All
03month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無題 
2008.02.17.Sun / 17:49 
本日は羽化した虫4種類です。
相変わらず泥だらけの上に、あまり丁寧に撮れなかったので酷い画像ばかりです。
やはり1日1~2種類ずつの撮影じゃないと集中力が持続しないみたいですね^_^;

順番にオオチャイロハナムグリ、トカラコクワ、クロシマノコギリ、ハチジョウノコギリです。
まずはオオチャイロハナムグリから

オオチャイロハナムグリ♂ オオチャイロハナムグリ♂2

オオチャイロハナムグリ Osmoderma opicum Lewis,1887
広島県 F6
昨夏に針葉樹のマットから出てきた幼虫が無事に羽化した個体、
2頭の幼虫を纏めて飼育してたんだけど、いつの間にか羽化してました。
写真の個体は♂、もう一頭はメスだったみたいで、幼虫を飼育していた容器の中には
既に幼虫や卵が見え初めています^_^;
きっととても簡単に飼育出来て良く増える虫なんでしょう・・・
幼虫の餌はきちんと発酵さえしていれば針葉樹でも大丈夫みたいだし、
産卵させるにもクワガタ用のマットでもカブトマットでも大丈夫。
本当は累代しない予定だったんだけど、産んでしまったからには育てるしかありませんね・・
そう言えば今回はとても良いあま~い香りが容器内に充満してました(^.^)
皆様が言っているのはやっぱり本当だったんですね!


次はトカラコクワ

トカラコクワ47

トカラコクワガタ Dorcus rectus kobayashii (Fujita et Ichikawa,1985)
鹿児島県/悪石島 F2
サイズ:47mm前後
本土のコクワと比べて艶があり赤味も強く、とても高級感があります。
悪石島を含むトカラ列島は現在昆虫の採集が禁止されている為、
このトカラコクワも理論上は野外産の入手は不可能になっています。
そんな訳で次世代を累代するか終了するか今悩んでいます・・・・
飼育は基本的に本土のコクワと同じなのですが、
実は私本土コクワ系の飼育が非常に苦手で、今まで爆産させた試がありません^_^;
ん~~どうしようかな??


んでクロシマノコギリ

クロシマノコ63 クロシマノコ632

クロシマノコギリクワガタ
Prosopocoilus inclinatus kurosimaensis Simizu et Murayama,2004
鹿児島県/黒島 中里林道 F2
サイズ:63mmぐらい
クロシマノコギリは元々九州南部離島型ノコギリの一つですが、
現在はミシマイオウノコギリやクチノエラブノコギリと同様本土産とは別亜種とされています。
特徴は簡単に書くと上翅の光沢が強く、大顎がより湾曲し足が細いとの事・・
まぁ本土のと混ざったらそう簡単には分からなくなりますね^_^;
此方のクロシマノコギリも、棲息地の鹿児島県三島村が条例で昆虫採集を禁じた為
野外産の入手は困難になっています。
飼育は簡単なので累代飼育した個体なら入手自体が困難になる事は無いでしょう。
この種類は累代継続します・・・


最後はハチジョウノコギリ
上から小歯型、中歯型、大歯型と載せてきまっす

ハチジョウノコ小歯


ハチジョウノコ中歯 ハチジョウノコ中歯2


ハチジョウノコ大歯 ハチジョウノコ大歯2 ハチジョウノコ大歯3

ハチジョウノコギリクワガタ Prosopocoilus hachijoensis Nomura,1960
東京都/八丈島 樫立 F2
サイズは小歯:約48mm、中歯:約55mmほど、大歯:約57mm
我家で羽化した割合は大歯と小歯が同じぐらいで中歯は1頭のみ・・・・
前にも書いたかもですが、種親世代では大歯どころか中歯すら羽化しなかったのに
なんで大歯がわりと沢山羽化してきたのか??
じっくり考えてみると少し思い当たる節があるにはあります。
次世代でそれを証明できれば堂々とこうだ!と書けるんですけどね^_^;


ではまた(^^)/~~~




スポンサーサイト
* テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
無題 
2008.02.12.Tue / 15:59 
今日は我家ではすっかり少数派になってしまったアンタエウスの画像です。
私は目が悪いので、クワガタの体にマットカスが沢山付いていたのに、
撮影が終わって画像をPCに取り込んでから初めて気がつきました・・・^_^;
見苦しくて申し訳無いすm(__)m


グノンヌアンアンテ75 グノンヌアンアンテ752 グノンヌアンアンテ753

アンタエウスオオクワガタ Dorcus antaeus Hope,1842
マレ-シア/グノンヌアン F3
サイズは75ミリほど、アンタエウスもカッコイイし大好きなんだけど、
飼育場所を取るので
此方のグノンヌアンを含め数産地以外は今冬~春にかけて終了予定です。
* テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
無題 
2008.02.07.Thu / 17:44 
写真撮ったらすぐこっちに載せる癖をつけるべく頑張ってる最中です^_^;
今日は1種類だけ・・・北朝鮮産チョウセンミヤマです。

北朝鮮ミヤマ67 北朝鮮ミヤマ672 北朝鮮ミヤマ673

チョウセンミヤマクワガタ Lucanus maculifemoratus dybowskii Parry,1873
朝鮮民主主義人民共和国 WF1
サイズは67mm程、このクワガタは飼育している人が多くないみたいで
いまいち分からないんだけど、それなりに大きい方だとは思います。
日本国内のミヤマクワガタの朝鮮半島からロシア極東部に棲息する亜種で
亜種名の「dybowskii」からディボウスキミヤマとされる事もあります。
チョウセンミヤマよりもディボウスキミヤマの方がカッコイイかも・・・
実物を手に取ると、国産ミヤマと結構雰囲気が違い魅力的な種です。




* テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
 
2008.02.05.Tue / 16:42 
久し振りに羽化したクワガタの写真を撮りました。
折角撮ったので此方に載せておきます。
今日は利島産イズミヤマ、クリイロミヤマ北部亜種、マザマミヤマです。

まずはイズミヤマから・・・
イズミヤマ62 イズミヤマ622

イズミヤマクワガタ Lucanus maculifemoratus adachii Tsukawaki,1995
東京都/伊豆諸島利島 F2
サイズは62mmほどでまずまずの大きさ、
面倒なので今回は写真撮りませんでしたが
同サイズの本土産ブリ-ド個体と比べてもやっぱり腹デカで頭も小さく不恰好です。
ただ、この個体は我家で過去に羽化したイズミヤマの中ではプロポ-ション良いです。


次はクリイロミヤマ北部亜種
クリイロミヤマ北部亜種482 クリイロミヤマ北部亜種48 クリイロミヤマ北部亜種483

クリイロミヤマクワガタ北部亜種 Lucanus kanoi piceus Y.Kurosawa,1966
台湾/台中縣 思源亜口 F2
サイズは48mmぐらい。此方もまずまずの大きさ、、、
最近原名亜種ばかり見ていたので北部亜種は新鮮に見えます。
しかもこのぐらいのサイズになるとかなりカッコイイ(^.^)
ついつい撮影数も多くなっちゃいますね~


で、マザマミヤマ・・・
マザマミヤマ マザマミヤマ2


マザマミヤマクワガタ Lucanus mazama (LeConte,1861)
アメリカ合衆国/アリゾナ州 F2
サイズは計ってませんが、だいたい30mm代前半だと思います。
派手さは全く無いけどカワイイミヤマですよね~、
アメリカには4種類のミヤマクワガタが棲息していて、
今のところ3種類の日本入国が確認されています。
その3種類の中で今のところ一番流通量が少ないのがこのマザマかな??
艶消しバルバロッサって感じです。

ではまた(^^)/~~~


* テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
| BLOG TOP |

プロフィール

  kapi

  • Author:  kapi
  • クワガタ飼育について淡々と綴って行く予定、写真はカピバラ(無関係だけど)

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム


CopyRight 2006 Breeding Memo All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。