ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無題 
2006.09.07.Thu / 23:08 
何時の間に9月…近所に虫捕りに出掛ければまだまだノコギリなんかは採れるし昼間はかなり暑い日もあるのでまだ完全な秋って感じはしないけど、飼育で言えば割出し待ちのケ-スが溜まりに溜まって来ており、あぁもう秋なんだなぁ…と……

で、今シ-ズンがどんなシ-ズンだったかと言うと、ミヤマが好きで飼育をしている方の多くがきっとそうだったに違いないんだけど兎に角アクベシアヌスに翻弄され尽くしたシ-ズンだった…、一時はあんなにあこがれていたアクベスの事なんて考えたくも無い…とさえ思うほど…
そんなシ-ズンだった
来シ-ズンも同じようならだったらきっと心と体を壊すんじゃなかろうか^^;

更新ついでに以前ちらったと書いた国産ミヤマの採卵経過でも…
山形産のミヤマはセット後すぐに死亡してしまい、割り出してみたものの卵がたった1個出てきただけ、千葉産ミヤマのケ-スからは幼虫がボチボチ見え始めているが、こちらも産卵数はそれ程多く無さそうな感じ
スポンサーサイト
* テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
* スポンサーサイト無題へのコメント *
我が家ではじめての外産ミヤマ
ケルブス順調に孵化しとります。

で、やっぱり微粒子マットとかがいいんでしょうか?

初~2齢の間は微粒子マットの方が良いと思いますが、
ある程度大きくなったら余程変なマットで無い限りどんなマットでも大丈夫ですよ、菌糸でも飼育出来ますがあまり大きくはならないみたいです

ありがとうございます。

割り出したマットで管理していましたが
微粒子マットを仕入れて投入しました。
初令でも、元気な子は自力で潜っていってます。
菌糸の方が管理が楽な気がしますが、
マット飼育で行きますね!

菌糸の場合は他種と比べて交換時期の見極めが難しく、マットと比べると管理が難しい様に思います。カワラ菌床でも育つ様ですが、今の所マットよりも大型が出たと言う話は一部の種を除いて聞いた事がありません。いずれにしてもお互い頑張りましょうね(^^)

   非公開コメント  
* スポンサーサイト無題へのトラックバック *
スポンサーサイト無題のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

  kapi

  • Author:  kapi
  • クワガタ飼育について淡々と綴って行く予定、写真はカピバラ(無関係だけど)

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム


CopyRight 2006 Breeding Memo All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。