ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無題 
2007.06.16.Sat / 14:04 
約一週間ほど更新してなかったので纏めて書いとこう・・・

餌交換
ヨ-ロッパミヤマ♂の餌交換の続き
南フランス産は前回で全て終了したので今回はギリシャ産のみ
最大は24gだった。ギリシャ産も今回で終了、後は両産地とも♀だけ
メスはこのまま交換しないで11月頃まで引っ張ろうと思う。
その間に殆ど羽化しちゃいそうな感じもするけど・・
交換した餌は市販マット

移し替え
クロアシミヤマ南部亜種幼虫の800cc容器への移し替えが全て完了した
今回も殆どの幼虫が4gだった。餌は市販のマット
それからフォルスタ-フタマタ・マンディブラリスフタマタの移し替えも完了、
此方も全て800容器、餌は全て自作マット

割出し
やっとアングスティコルニスミヤマの割出しを行った。
昨年もだったが今回も当初見えていた幼虫がぐっと数を減らしており
極僅かな幼虫が回収出来ただけ・・・
少数だったのでそのまま800cc容器へ入れた。餌は市販のマット。

羽化
先日購入したばかりのラエトゥスミヤマだが
チョット気になったので自宅で飼育していた分の幼虫の様子を見たところ
2♂3♀が羽化していた^_^;・・・ちゃんと見てから買えば良かった。
それからキンオニクワガタも1ペア羽化していた(♂♀ともに材の中で)

産卵セット
ヨ-ロッパミヤマ(南仏)・ヨ-ロッパミヤマ(パリ)・チベットミヤマベトナム亜種・ホウライミヤマ・クリイロミヤマ原名亜種の産卵セットを組んだ。


写真は
ホウライミヤマクワガタ
Lucanus kurosawai Sakaino,1995
台湾/台中縣 梨山付近  WD

20070616141014.jpg 20070616141024.jpg
何時も失敗しているので今回こそは・・・・
スポンサーサイト
* テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット *
* スポンサーサイト無題へのコメント *
ラッシュですね^^
がんばって面倒みてやって下さい♪
しかし・・・
むつかしそうなミヤマが沢山ですね^^;

ホウライミヤマはやはり低温なんでしょうか?
台湾というと、それほど低温地帯がないような気がして。


でも昔行った時は冬で、あまりの寒さに風邪ひいたっけ・・

げっちさん
頑張って面倒見ますよ~
増えすぎたらまた貰ってくださいね(^^)

回天さん
ホウライミヤマに限らずどの国のどのミヤマも(ミクラとかアマミも)基本はやはり低温飼育だと思います。
台湾でもミヤマが採れる様な場所は高標高で涼しい地域らしいですよ、
御存知とは思いますが台湾の最高峰は玉山(旧新高山、太平洋戦争開戦時の暗号で有名ですよね)で、標高は「3952m」もあり、終戦前まで台湾は日本領でしたので、富士山よりも高いまさしく日本の最高峰でした・・・その他にも2000mを越える山が沢山あるのでかなり低温になる地域も多いみたいです。

kapiさんお久しぶり!ってこの前電話で話しましたね。我が家のミゾラムアンテの羽化が始まりまして、しょっぱなは77mmでした。幼虫時の体重は最大時37gでした。他にもう少し大きなのが蛹でおりますので楽しみです。77mmでもなかなか美形でしたよ。今度お見せしますね!あとはブータンラチラの羽化ラッシュがもうすぐ始まりそうなので楽しみです。

hanyapunyaさん
初っ端から結構良いサイズですね(^.^)
うちの方はレノックのアンテがぼちぼち羽化してきそうです。
大きさは見るからにちっちゃそうなのから結構大きいのまで様々ですね・・

   非公開コメント  
* スポンサーサイト無題へのトラックバック *
スポンサーサイト無題のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

  kapi

  • Author:  kapi
  • クワガタ飼育について淡々と綴って行く予定、写真はカピバラ(無関係だけど)

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム


CopyRight 2006 Breeding Memo All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。